4582318431524



■そばに寄り添う音楽を

みなさんはどんな時に音楽を聴くのだろうか。
楽しいとき、辛いとき、何も考えずに再生機のスイッチを入れる。
“今日は何を聴こうか”そんなことを考えながら一日が始まる人もいるだろう。

前作『遊覧船の中で見る夜明けはいつも以上に美しい』 からちょうど一年、
荒川ケンタウロスの2ndミニアルバム『Apartment』が先週リリースされた。

アルバムタイトルにもつけられているように
“街”を舞台にした、どこにでもある身近な景色で起こる7つの物語。

どこか懐かしくて、耳に優しく寄り添うような、そんな音楽だ。

私が特に好きなのは2曲目の「superstar」と6曲目の「まちぶせ」。
「superstar」は、前に進みたいのに進めない、
そんなもやもやした気持ちの時に背中をぐっと押してくれる。
そして「まちぶせ」は少しアップテンポの曲調にのせられる
“ニヤリと笑って君はまた”の歌詞が不思議と耳に残る。

CDのパッケージにも様々なこだわりが見られる。
裏面、そして歌詞カードは一つの作品としても楽しめるので
是非手に取って見てもらいたい。
そしてじっくり聴いてみてください。
ふとした時にあなたの傍に寄り添ってくれる音楽になるかもしれない。
  

荒川ケンタウロスの魅力は音源だけに留まらない。
ライブでは、音のバランスの良さもさることながら、音源では収まりきらない熱量、
その人柄がうかがえるようなまっすぐな音に心を打たれるだろう。

来年の2月16日(土)には、
『Apartment』発売を記念した荒川ケンタウロス初のワンマンライブ
〈荒川ケンタウロス レコ発ワンマン“Apartment”
~いつかは持ちたい一軒家~〉
が東京・新宿MARZにて開催される。
気になった方は是非チェックを。

荒川ケンタウロス official HP


申し遅れましたが今月からmusicoholicのメンバーとなりました39.と申します。
こんな感じで様々なジャンルの音楽を紹介していきたいと思っていますのでよろしくお願いいたします!

(39.)