■このサウンドクオリティはさすがです。

ガールズダンス&ボーカルグループの東京女子流の2ndアルバム。
M1のファンク色全開のオープニングトラックからM2「sparkle」への流れはカッコいいの一言。M2のクールなファンクを魅せたかと思えば、M3ではライブでもキラーチューンとなっている「W.M.A.D」でテンションブチ上げ。たまらん。

今作は前作以上にファンク色が強く、サウンドクオリティも格段に進化した印象。ただ前作のキラーチューン「おんなじキモチ」を超える楽曲がなかったのは残念。
突出したものはないが、トータル的には全体のまとまりも良く、1stより良いアルバムだと言えるだろう。

東京女子流の楽曲は変にアイドルらしい可愛さや甘ったるさがなく、クールな音像のグループなので「キャピキャピ」したものが苦手な人にもオススメ出来る。

初回盤AにはライブDVDも付属しており、クオリティの高い楽曲にメンバーの歌とダンスが加わった姿は圧巻。少々値が張るが初回盤Aをオススメする。

しかしこのアルバムカッコいいなぁ。ライブが楽しみだ。