2011年が終わった。
 去年もまた、たくさんの名盤や新しいアーティストが出てきた。
 皆さんの中にもたくさん心に残るディスクがあるだろう。今回の記事では僕個人が選ぶ2011年のベストディスクを紹介していきたい。 


 【金賞】A World Of Pandemonium / the HIATUS
 【銀賞】バトル アンド ロマンス / ももいろクローバーZ
 【銅賞】Warmth  /  NUBO

 【ノミネート作品】

 • JPN  /  Perfume
 • 残響リファレンス /  ONE OK ROCK
 • 7 songs E.P.  /  NOKIES!
 • 絶対絶命  /  RADWIMPS
 • Brand New World  /  Fat Prop
 • AWAYOKUBA  /  AWAYOKUBA
 • LIVE THE LIFE I LOVE
 / THE BAWDIES


 【
新人賞
】センチメンタル症候群  /  Hello Sleepwalkers

 
 最優秀作品はthe HIATUSの3rdアルバムしかない。これは正直とんでもない作品だ。作品を重ねるごとに深化を重ねてきたハイエイタスだが、ついにこの作品で他の日本のバンドとは違う次元にたってしまった。
 作品としては前作の轟音と悲しみの作品とはうってかわってアコースティック主体の、まるでうっすらと朝日が差し込んできたかのような優しい作品だ。細美武士のボーカルもますます磨きがかかり、美しく伸びていく。これは本当に全ての人に聴いて欲しい。




 次点では個人的に大プッシュのアイドルグループ、ももいろクローバーZの1stアルバムを選んだ。
 アイドルというフォーマットをギリギリ守りながら、アイドルらしからぬパフォーマンスで常に周囲を驚かせるももクロ。そんな彼女らの楽曲も高速テクノビーツはあるわ、ハードロックmeets戦隊モノな曲あるわ、西野カナばりの泣き歌あるわで本当に幅が広くて驚かされる。さらにラップもやってのけちゃう彼女らはミクスチャーアイドルと呼んでもいいのかもしれない。
 これにライブではアクロバティックなパフォーマンスも加わるんだから恐ろしい。アイドルなんて…ってバカにしてる方、今すぐチェックすることをオススメする。




 NUBOはまだデモCDで活動していた頃から観てきたが、今作は本当に素晴らしい。
 ラテン、パンク、スカ、レゲエなどをごちゃまぜにして吐き出す様は今までと同様だが、引き出しの数が増えたのか、音に幅が出てきたのが印象的。またツインボーカルも役割分担がより顕著になり、より楽曲を引き立てている。
 年間100本を超えるライブを行ってきた彼らが辿り着いた、熱く、泥臭い音楽の結晶の作品だ。




 個人的ベスト10に入った作品をノミネート作品として挙げさせて頂いた。
 大物アーティストが数多く入ったが、作品のスケール、音楽性ともに群を抜いており、人気やセールスを集めるのも納得なアルバムが多かった。 
 注目はNOKIES!。大阪にあるFREAK RECORDSの日本人契約アーティスト第1号となる彼ら。聴いた瞬間ぶったまげた。こんな音を出すかと。しかも現役大学生とか。
Vampire Weekend好きは要注目。春にはアルバムも出るとか。2012年ブレイク必至!! 





 新人賞は2012年にブレイクしそうなアーティストとして「hello sleepwalkers」を選んだ。
 現在はタワレコ限定シングルを1枚リリースしているのみだが、今年1月にメジャーデビューアルバムが出ることが決定。年末のLIVE:DIGAでもO.Aを務めるなど注目は高い。
 ギターのリフが印象的で、9mm Parabellum Bulletにも通じる雰囲気を持ったギターロックを奏でる5人組。男女のツインボーカルなのも特徴的。新人とは思えない音を奏でているので是非聴いてみて欲しい。





 ここに挙げた作品以外にも良い作品はたくさんあった。全部紹介しきれないのが心苦しい。 
 が、ここに挙げた作品は自信を持ってオススメします。 

 
 さて、2012年はどんな作品が生まれ、どんなアーティストが出てくるのだろうか。
 アーティストの皆様、素晴らしい作品お待ちしています。